具体的なIT導入事例

Google Appsの導入支援

 ★メールやスケジュール管理をどこでも利用可能に!

メールや連絡先、スケジュール管理などを、インターネット接続の環境があれば、どこからでも利用可能。パソコンだけでなく「スマートフォン」、「タブレット」などからも、もちろんアクセス可能です。
→スマートフォンを導入することで、PCメールを携帯メールのように受信することができます。(削除、既読等がPCメールと同期します。)

★社内で連絡先・スケジュールを共有できる!

社内でカレンダーを共有した場合、同僚のスケジュールを自分のGoogleカレンダーで確認することが可能。また、会議室や社用車の予約システムを構築することができます。
→メールアドレスや携帯番号等の連絡先を共有することもできます。

★社内サイトやwikiサイトの作成
社内へのお知らせ、ひながた等をまとめた社内サイトが作成できます。
また、ウィキペディアのようなサイトを作成することで個々の従業員が有する知識や経験を共有することが可能。
→ワードレベルの知識があれば、構築可能。
→一般公開、社内のみ公開、特定のメンバーのみ公開、など細かく設定が可能。

リモートデスクトップ

★リモート デスクトップ接続を使用すると、インターネットに接続されている別のコンピューターから、Windows を実行している任意のコンピューターにアクセスできます。
たとえば、オフィスのコンピューターの前にいるかのように、オフィスのコンピューターのプログラム、ファイル、およびネットワーク リソースのすべてを外出先のコンピューターから使用できます。
→データ持ち出しによる紛失や盗難のリスクを回避することができます。

VPN

★インターネットを経由してリモートデスクトップ接続を行う場合は、インターネット回線上の第三者によって、通信内容を盗聴される危険性があります。
→VPNという仕組みを使うことで、通信が暗号化され、安全にリモートデスクトップ接続等をすることができます。

独自ドメイン

★Yahoo!JAPANを例にあげると、アドレスのhttp://www.yahoo.co.jpのうち yahoo.co.jp の部分を独自ドメインといいます。
独自ドメインのメールアドレス、ホームページをもつと、プロバイダ名入りの長いアドレスと比べて、ビジネス上の信頼感、 イメージがアップします。
また、SEOとしても有利とされています。

独自ドメイン
⇒ http://www.会社名等.com
info@会社名等.com
×プロバイダ等のサービス
⇒  http://www.xxx.cdn.ne.jp/~会社名等/
   会社名等@xxx.cdn.ne.jp

WordPress

★HPの更新作業等をWORD感覚で簡単に行うことができます。
また、プラグインを利用することで、メールフォームなどの難しい
プログラムもクリックひとつで設定可能です。